オガワ創研

敷地内浄化処理装置の事ならオガワ創研へ

敷地内浄化処理装置 PPP(スリーピー)

PPPとは、Perfect完璧 Purification浄化 Processor装置の略で、私たちの目標です。
このシステムは合併浄化槽の排水を処理槽にてさらに浄化し、土壌に浸透一部は大気中に蒸発散します。構造は、ろ材の入った超高密度ポリエチレンタンクと高空隙砕石層で構成され安定した処理能力を、持続します。
処理工程
合併浄化槽から出た放流水をブロアーによって汲み上げ処理槽上部より散水し、スカム除去ネットを通ってバイオフロンティアスポンジ充填層に入ります。スカム除去ネットで剥離汚泥及び夾雑物を吸着し、バイオフロンティアスポンジ層でろ過処理、微生物分解処理が行われます。その後処理水は高空隙の砕石層(貯留槽)に溜まり徐々に地中に拡散します。処理槽下部に貯留槽が有るため処理槽はブロアーの散機効果もあり好気状態を保ち分解を促進します。 
PPP(スリーピー)は栃木県・茨城県・群馬県・千葉県・山形県・静岡県・宮城県で設置されています。

処理装置本体

PPP(スリーピー)5人~10人槽

PPP(スリーピー)21人~30人槽


処理槽の概要


合併浄化槽 5人槽用 施工図面

処理装置のしくみ

敷地内浄化処理装置PPP(スリーピー)の処理槽は外寸600φ 900H、重量は13Kg
超軽量、超コンパクト、超高耐久です。設置者はもとより工事店様にも好評いただけるものと思い、企画開発いたしました。ご検討のほどよろしくお願い申しあげます。

Copyright (c) 2013.Ogawa Souken All Righys Reserved